富里市の襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
富里市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

スイカロードレースで有名な富里市

 富里市は千葉県の北総台地の中央に位置し、成田空港からは西に4キロメートルの臨空都市です。  都心からは60?70キロメートルの距離にあり、人口は4万9千人程です。富里市へは、JR成田線の成田駅、総武本線の八街駅、京成線の形成成田駅から、バス又はタクシーを利用します。
 富里市へ車でのアクセスは、東関東自動車道の富里インターチェンジか酒々井インターチェンジを利用します。富里インターチェンジから市役所までは約15分、酒々井インターチェンジからは10分程度かかります。  東京駅からの高速バスも利用でき、富里市内には3箇所の停留所があります。
富里市の花は「サルビア」、市の木は「山ざくら」です。特産品としては、昭和8年から栽培を続けている「スイカ」がとくに有名で、昭和11年に皇室にスイカを献上したことで、この地のスイカが全国に知られるようになりました。
 富里市の位置する千葉県北西部は、古くから広大な牧を形成していました。牧というのは現代の牧場にあたるもので、江戸時代以降は「佐倉七牧」として、独自の馬文化を発展させていきました。現在でも、「駒走」「野馬木戸」等の馬に由来する地名が多く市内に残っています。
 富里市では、毎年6月にスイカロードレースを開催しています。喉の渇きをスイカで潤わせながら走るこのレースは、全国でもユニークなロードレースとして有名です。  また、同じ6月に、スイカを使ったイベントや即売を行なうすいかまつりも開催しています。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
富里市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

襖の張替えを業者に依頼する

不注意から襖を破ってしまったので、張替えをしてもらおうと思い建具の専門店を探すことにしました。できることならお正月を迎える前に張替えをしたいと考え、プロに依頼をすることにしたのです。
インターネットを利用して調べてみると家からそう遠くない場所に建具店があることが判明したので、そこのホームページを見てみました。すると大変歴史のある老舗であることがわかったため、ここであれば安心だと思い襖の張替えの見積もりをしてほしいと連絡をしたのです。既に12月に入っていたのですぐに来てもらうことは難しいかもしれないと思っていたのですが、ちょうど襖の納品があるということでその日の午後には来てくれました。
いかにも職人という雰囲気の強面の人だったらどうしようかと不安に思っていたものの、いざ会ってみるととても感じのいい人で親切にアドバイスをしてくれました。襖についてまったく知識がなかったのですが、紙の特徴について詳しく説明をしてくれて我が家に合うものを勧めてくれたのです。決して高額なものではなく、中程度のものであったことから圧力を感じることもなく非常に良かったです。
今はしわやシミひとつない新しい襖が入っているので、とてもすがすがしい気分で過ごせるようになり満足しています。