石岡市の襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
石岡市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

茨城県石岡市にいついて

茨城県石岡市は、茨城県のほぼ中央に位置しており、市の北部から東南端へと恋瀬川が貫流しています。恋瀬川は、日本第2位の面積を持つ霞ケ浦に注いでいます。その水面を含めた石岡市の市域の総面積は、215.53平方kmとなっています。 石岡市の市章は、石岡市の頭文字である「い」の文字を、丸く図案化したものです。また、石岡市の市の花は「ゆり」であり、市の木は「しい」、市の鳥は「ひばり」、市のマスコットキャラクターは、「いしおか恋瀬姫」「嗜みうさぎモモア・満喫うさぎカイ」となっています。 石岡市では、毎年、石岡つくばねマラソン大会が開催されています。そのほかには、石岡のおまつりと呼ばれている常陸國總社宮例大祭が、人気のあるイベントとなっています。また、観光スポットについては、まち蔵「藍」、茨城フラワーパーク、常陸風土記の丘などが挙げられます。 石岡市の特産品は、杉線香、弓の矢、納豆「やさと納豆」、味噌、みかん「ふくれみかん」、杉細工「石岡府中杉細工」、わかさぎの佃煮、いしおかサンドなどがあり、茨城県フラワーパークに隣接している「やさと農産物直売所」や、やさと温泉ゆとりの郷物産館などで購入することができます。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
石岡市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

日本文化が息づく襖の機能性

 日本の文化を色濃く伝える襖は見た目にも美しく、機能性に富んだ優れものです。襖は大きく分けて建具の趣を持つ一方、芸術性にあふれた面も見せる特長があるのです。
 建具としては部屋と部屋を間切りにする役割があります。大きな部屋を壁で仕切るのではなく、襖で仕切ることで柔軟に部屋の大きさを変えられるのです。この自由度の高さが最たる特長です。
 さらに芸術面で見れば、鎌倉時代から江戸時代の城や寺院に見られる「襖絵」は重要文化財として貴重な価値を生んでいます。高価な和紙をふんだんに使用し、絵を描くキャンバスとして用いられ、和室の雰囲気をより一層高めてくれる存在でもあります。
 室内装飾の美しさに目を奪われがちですが、日本独特の気候にも合致した機能性を見せます。襖には湿度を調節してくれる機能が備わっているのです。湿度が高い季節には水分を吸収してくれます。逆に低いときには放出してくれます。自然な調整機能が備わっているのです。このような性質を利用して、間切りだけでなく押し入れの扉には使用されています。布団や座布団の湿気を取る性質を利用したものです。
 湿度が高めの日本には都合がいい襖は、見た目も美しく、機能性にも優れ、日本人にはなくてはならない存在として、今後も文化として息づいていきます。