相模原市の畳、襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
相模原市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

相模原市は神奈川県北部にある政令指定都市

わたくしが住んでいるころの相模原市は政令指定都市ではありませんでした。JR横浜線で新横浜、東神奈川まで行けます。橋本まで行けば京王線、町田駅では小田急線に乗り換えれば新宿まで行けます。また、八王子まで行けます。
 相模原市は、国道16号線もあり東名高速横浜・町田インターも近く利便性に非常に富んだ街であります。電車、自動車でも首都圏に通じている点で非常に暮らしやすい街です。だだ、国道16号線は渋滞がよくあります。車での移動には少し時間がかかる場合があります。
自然には非常に恵まれております。海はありませんが、小田急線、車で湘南海岸などに行けます。相模原市には相模川、相模湖、津久井湖などがあります。これらは市民のみならず他県からも多くの観光客やキャンプを楽しむ人々が訪れます。相模原市には自然も多くあります。
また、相模原市にはJAXAの施設、野球場、麻布大学、青山学院大学、女子美術大学、相模原女子大など多くの学術研究施設があります。また、相模原市役所さくら通りがあり桜祭りなどあり桜の花と市民が触れ合う機会が多くあります。
このように相模原市は横浜や首都圏にも近く、また、緑と自然に恵まれた街であります。首都圏への通勤圏として人口も増え現在では、横浜市、川崎市に次ぐ神奈川県では第3位の人口となっています。また、全国の市で18位の人口を誇っています。とても住みやすくなった街でもあります。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
相模原市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

動かせる壁・襖の可能性

襖というものは畳と並んで和室を構成するアイテムの代表格と言える。畳の床と、壁面の一面以上を襖で囲まれた部屋。これぞ和室である。和風家屋の大きいところだと、壁の四面全部が襖の部屋がいくつか連なっていて、すべてを開け放して部屋をつなげることで相当広い空間を作り出すことも可能である。もちろん閉めてしまえばこぢんまりした部屋をいくつも構えることができる。子どもが何人かいる家庭などでは、子どもが小さいうちは大部屋にしておき、大きくなれば襖で仕切って個室にしてやることができる。そして子どもが独立していけば、また大部屋に戻すこともできる。夫婦の部屋だって、間に一つ襖をしつらえておけば、喧嘩の折には襖を閉めて個室に分け、仲直りすればまた一つの部屋に、という工夫もできて面白い。可動式の壁とも言える襖は、このように実に便利なものである。かつての様式だと隙間風が入って冷暖房効率が悪いというデメリットもあったが、現代ではしっかりとしたサッシを使うことで密閉度も上がり、夏に暑い思いを、冬に寒い思いをしなくてもすむようになった。ついうっかりで襖の表紙を破ってしまうという危険は今でもあるものの、ホームセンターでは自分で襖を張り替えたり、破れを治したりするための便利なアイテムも盛んに売り出されている。洋室が増える昨今だが、和室と襖の可能性はまだまだ広がる余地を秘めているものである。