川越市の畳、襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
川越市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

川越市はとても魅力がたくさんある街です

埼玉県というと田舎とかベッドタウンだとか言われがちですが、川越市というと、川越市を知っている人も今では多く一度訪れたことがある人はそろっていいところに住んでいるねと言います。川越という街はそんなところです。
川越というと、まず初めに「小江戸川越」という言葉が出てくると思います。それは、江戸時代に川越城があり城下町として栄えた町だからです。城下町の名残として古い住宅や蔵が多く残っており重要建築物が軒を連ねています。蔵造りの町並みが一体となって小江戸の風情を強く醸し出しています。
小江戸の町並みはもちろん素敵ですが、少し離れているところは静かな住宅街になっているので、観光地すぎずとても暮らしやすい街が広がっています。そこここに歴史のある寺院や蔵を残した住宅が見られます。住宅街も暗すぎるところが少なく、コンビニエンスストアやスーパーもあり安全に暮らせます。
歴史のある場所から市街地のあたりに目を向けると、川越市の中心部に機能的な街が広がっています。川越駅から1200mも伸びているクレアモール商店街は川越市役所まで続いています。川越市の老若男女が利用するこの商店街と、川越駅にある駅ビルアトレやルミネで、生活に必要なものはそろいます。
川越市の交通の面は、市街地の川越駅にはJR川越線・埼京線と東武東上線、徒歩圏内の本川越駅は西武新宿線が、東武東上線川越駅の次の川越市駅は始発・終点駅にもなっていますので交通はとても便利です。高速道路は関越自動車道が通っており、川越ICも比較的中心部にあります。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
川越市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

襖の効用

襖を見かけなくなっている。新築の家庭に和室自体がないケースも今や当たり前の時代になっているからである。襖や障子は日本家屋の中で仕切りとして古来から親しまれてきた。しかし今は、パーテーションや布でおしゃれに間仕切りをする人も多く見かける。
 そのため襖を見る機会は減っているが、まだまだ和室人気は健在である。畳の部屋は落ち着く空間である。近年では外国人観光客も和室の魅力を感じている。だが和室のアイテム全てにおいて、日本人の知識の乏しさが露呈されている現状がある。襖が新たなふすまに変貌と遂げていることを知らない。
 畳や襖、障子などメンテナンスの方法が分からない人が増えている現状もある。ただ畳を交換すると高い、襖や障子の張替えをすると高いと思い敬遠しているようである。確かに大量生産で作られたフローリングなどの床材などに比べると経費はかかる。
 しかしこれらのアイテムは日本古来からの伝統文化を引き継いでいるものである。メンテナンスをすれば家も長く住み続けられるのである。特に襖の張替えをすると新たなふすまと出会うことが出来る。従来のデザインでは納得しない人も正直驚くほど、ふすまのデザインは進化している。
 襖の張替えを専門業者に依頼すれば、必ずふすまの良さが感じられる。新たなふすまはデザイン性も機能性も兼ね備えており、職人の高い技術によりふすまの伝統が引き継がれている。ふすまを含め和室文化を継承しすることが必要である。