狛江市の畳、襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
狛江市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

東京都狛江市の特徴や名所などについて

東京都狛江市は東京都にあるし市で、関東地方に位置している。この市の面積は6平方キロメートルで非常に小さいところとなっている。人口は約8万人となっている。狛江市に隣接する自治体は、世田谷区や調布市や神奈川県川崎市となっている。
東京都狛江市の木はイチョウで、市の花はツツジとなっている。狛江市役所は住所が東京都狛江市和泉本町一丁目1番5号となっている。ここは東京の中でも多摩北部に区分されている。東京都特別区分への通勤率は47.6パーセントとなっている。
狛江市は多摩川中流の左側に位置している。北部には国分寺崖線や野川、南側は多摩川にほとんど位置している。したがって狛江市の地形は北から南方向に緩やかに傾斜しているという特徴がある。枝豆のような形で市役所を中心に半径2キロメートルで多くの所が集まっている。
ここの主な産業は事業所として財団法人電力中央研究所や東京電線工業などがある。電力中央研究所では、日本の発電技術を担うシンクタンクや研究機関となっている。市内には小田急電鉄や京王線が乗り入れているので便利である。
狛江は絵手紙が発祥の地とされている。また割り箸を組み立てた銃でゴムを使って飛ばすというゴム銃もここから始まったとされている。狛江市は6つ野村が合併してできたと言うこともあり。各村には鎮守として多くの神社がある。したがって秋には例大祭が行われている。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
狛江市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

低価格で襖は売っています。

低価格で襖は販売されているので、お金の事を気にすることなく買う事ができます。デザイン性に優れている商品が数多くあって、買う側は選ぶ楽しみがあります。襖に関しては、丁寧にメンテナンスを行う事により長持ちさせる事が可能です。そのため、張り替えの頻度を抑えるためにも積極的にお手入れをする事が重要となっています。襖のお手入れをすると言っても色々な方法がありますが、代表的なのは換気です。換気を頻繁に行う事により湿気を取り除く事ができます。結果として、害虫や湿気を防ぐ事ができるので、不快な思いをする事がないです。害虫などが生じると襖の耐久性が落ちるという事を、肝に銘じておく事が求められます。長期に渡って使用して古くなった襖に関しては、張り替えをするのが一般的です。張り替えの作業をすると言っても簡単なので、積極的に取り組む事が重要となります。ただし、壁などを傷付けると後悔をする事になるので、家族で協力をして丁寧に行う事が要求されます。襖を足に落とすと怪我をする原因になるという事を肝に銘じておく必要があります。そのため、安全面に留意をして取り組む事が大切です。作業を手伝ってもらったら、お礼を言うのがマナーとなります。