小平市の畳、襖、障子 の張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ襖(ふすま)

襖(ふすま)の張替え


一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
小平市全域にお伺い致します。

■襖の張替え      

/1枚

¥1,450/1枚 税込み¥1,566
           基準サイズ 1800mm×900mm

  ※天袋はお値段7掛けの 1,015円/税込1,096円に成ります。2枚からお受けします。

襖(ふすま)は組子(木を格子状に組んだもの)の両面に紙または布を張り重ねた
日本独自の建具です。
上張りの張替えをのことまで良く考えられた構造に成っています。
襖障子(ふすましょうじ)は、平安時代に中国から伝わった、厚くて丈夫な
唐紙を張り合わせたことから唐紙障子(からかみしょうじ)とも呼ばれます。
単に『唐紙』と呼ばれることもあります。               

■襖の名称種類
 
 ■取り合い(間仕切り・中仕切り)
部屋と部屋とを仕切るために使われる襖。
襖の両側が部屋に面するため両面に上貼りが貼られます。
このため、「両面貼り」とも呼ばれるます。
 ■押入れ片側だけが部屋に面するので、片面のみ上貼りを裏は裏貼り(雲華紙)が用いられる。
このため「片」とも呼ばれます。
 ■鴨居上(かもいうえ)
押入の上の小襖のことで、「天袋」とも呼ばれます。
 ■天袋・地袋(てんぶくろ・じぶくろ)
床の間の脇床の上段・下段に取り付けられる小襖のことで、上段のものを天袋、下段のものを地袋と呼びます。
また一般的に押入れの上の小襖も天袋と呼びます。

 ■戸襖(とぶすま)

木製の戸の片面に襖紙などを貼ったものです。和襖とは構造も張替工程も異なります。

 ■襖(ふすま)イメージ■


押入れ襖と左は仏壇用の襖です。お洒落でしょ......

襖(ふすま)紙の種類

かまち

組子

骨張り

下張り

上張り

 名称  本鳥の子  鳥の子  上新鳥の子  新鳥の子
 材料  手漉き
 雁皮紙
 機械漉き
和紙
 機械漉き
洋紙等
 機械漉き
再生紙等
 グレード  最高級品  高級品  中級品 普及品 

紙だけではなく、織物も使われます。これにも、多くの種類が有ります。

ふすま紙には、鳥の子紙に代表される紙と布の織物があります。
鳥の子ふすま紙の場合、原料やその製紙方法。また後加工の方法によって
上の表のように、グレードが大きく分かれます。
また織物の場合も、織糸の種類や撚糸の数や後加工の方法により分かれます。

           


■襖の成り立ち

東京都小平市の特徴や名産品について

東京都小平市は関東地方に位置している都市である。ここの面積は20平方キロメートルで人口は約18万9000人となっている。小平市に隣接している自治体は、西東京市や立川市や東村山市や東大和市、東久留米市や国分寺市や小金井市となっている。
東京都小平市の木はケヤキで、市の花はツツジとなっている。小平市役所は東京都小平市小川町二丁目1333番地にある。東京都の多摩地域にある市で、東京都特別区部への通勤率は29.1パーセントと高くなっている。
小平市は江戸時代に行われた新田の開発によって集落が形成されてきており、市内には西武鉄道の新宿線や国分寺線や多摩湖線やJRの武蔵野線が走っている。また小平市内には遊歩道があったり霊園があったりと緑が多いというのが特徴である。
ここは武蔵野台地の西側に位置していると言うことで、長い台形の形をしている。また市の名前のように起伏があまりないというのが特徴である。東京方面へ向かう青梅街道や西武鉄道新宿線などが東西方向に結ばれている。
産業としては農業が盛んで、野菜や果物や花や木が栽培されている。この中でも特産品となっているのがウドと梨である。この他にもブルーベリーの栽培も盛んで、経済栽培がこの地で始められたと言うことで市を代表する特産品となっている。


side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
小平市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

襖を長期に渡って使用する方法

長期に渡って襖を使用したい場合には、お手入れをする事が大事です。湿気によるカビが生じると襖の劣化が進むので、この点には留意をする事が求められます。そのため、換気を行って湿気を取り除く事が大切であり、そうすればカビを防ぐ事ができます。このように、ちょっとした努力をすれば襖を長期に渡って使用する事ができるので、余計な出費を抑える事が可能です。襖のデザインは多岐に渡るので、少しでもお洒落な物を選択する事が重要となっています。もちろん、低価格であっても品質の良い物が数多くあり、購入者は不満を感じる事が一切ないです。条件に納得のいく襖を見つけた場合は、張り替えをする事が重要となります。張り替えをする作業は業者に委託をするのが常識であり、そうすれば失敗をする事がないです。古くなった襖はシミなどが目立つようになるので、積極的に張り替えをすることが要求されます。汚れている襖があると雰囲気を悪くする要因になるという事を、肝に銘じておく必要があります。襖の張り替えに要する時間は、非常に短いです。そのため、多忙な方であっても気軽に頼む事ができます。自分自身が指定した日時に作業を請け負ってくれる事も利点の一つです。