富里市の畳たたみの張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ畳(たたみ)

畳の張替え



一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
富里市全域にお伺い致します。

■畳表替え

/1帖

■表替え(おもてがえ)   ¥2,200/1枚  税込¥2,376
※畳たたみの、半帖サイズの場合はお値段7掛けに成ります。 ■畳(五八間)半帖 1,540円/税込1,663円 

畳表と畳縁を、新しいものに張替えます。
張り替えてから6年〜10年が目安です。4帖半からお受けします。

■新調(しんちょう)(新畳)


畳床(たたみどこ)が、かなり痛んでいたり、カビている場合は
新しく畳を作る必要があります。

■畳のサイズについて

当社では、このサイズが基準です。
     
     五八間(ごはちま)江戸間(えどま)関東間(かんとうま) 
        5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)
   1間を6尺で計算して、柱割りです。この結果、八畳間の場合、
   畳のサイズはほぼ上記のサイズと成ります。

  ● 本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
        3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)
   1間が6尺3寸で割り出されています。
   近畿地方以西で使われていました。

   ● 三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
        3尺×6尺     (910mm×1820mm)
    1間が6尺で割り出されています。この畳2枚で約1坪の計算に成ります。
    主に愛知・岐阜県の中京地方や東北地方や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島
    で使用されていました。

   ●その他様々なサイズがあります。
※しかし規格化が進み、いわゆる五八間(江戸間)が標準サイズに成りつつあります。



                                                               (単位 mm)

 い草のお話

イグサ(藺草.)は、単子葉植物イグサ科の植物である。イグサ科植物の総称。
標準和名は(藺)。最も短い標準和名としても知られている。 俳句では夏の季語とされる。

畳表やゴザはイグサの茎で作られる。 
使われるのは栽培用の品種で コヒゲ (小髭: cv.Utilis)と呼ばれる。野生種より花序が小さいのが特徴である。水田で栽培される。
別名:トウシンソウ(燈芯草) ウィキペディアより               い草の花

暮らしやすさと自然が共存している富里市

富里市は千葉県の北部中央にある市です。東京都心から60km圏内、成田空港から4kmの位置にあります。人口49,899人で、市の木はヤマザクラ、市の花はサルビアです。「人と緑が調和し未来を拓く臨空都市」が富里市のキャッチフレーズです。
富里市は千葉県では唯一、鉄道の路線のない市ですが人口は年々増加しています。これは、富里市内に多くの産業がある事や、教育施設が整っている事、成田空港に近い事、東京までの高速バスを始め多くの路線バスが走っている事などからすごしやすい地域であることが伺えます。
富里市はスイカの産地として有名で、生産高は熊本県に並ぶほど有名です。スイカの産地に因んで、毎年6月に「スイカロードレース大会」というショートマラソンが開催され、1万人以上が参加して大きな賑わいを見せています。給水所のかわりに給スイカ所が設置され、参加者にカットスイカが配られます。
富里市の歴史は古く、旧石器時代まで遡ります。市の中央部に高崎川が西に向かって流れ、北東側には根木名川が流れていますが、この2つの川の流れから枝分かれした台地から、東内野遺跡、獅子穴2遺跡をはじめとする旧石器時代の遺跡多く発見されています。
富里市内には、直径33.8メートルもの巨大なスイカ模様のガスホルダーがあります。これは熊本県合志市にある、同じスイカ模様のガスホルダー(直径17m)を抜いて、国内最大級を誇ります。近所を通るとその大きさに驚き、遠くからも十分注目を浴びる存在感です。

side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
富里市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

お客様のお話

実家では渡辺篤史の建もの探訪という番組をよく見ていました。
その番組によく出現していたのが琉球畳です。
どのお宅もあこがれちゃう素敵は建ものでしたが、琉球畳には私の母親が大変あこがれていました。
理由はわかりません。
年末年始に実家にいったときにでも聞いてみようと思います。

7年ほど前に実家は転居しました。
もともとの家には普通の畳の部屋が2部屋ありました。
新しい家にも2部屋畳部屋がありあこがれの琉球畳をいれていました。
私は独り暮らしをしていて畳の部屋は有りません。
あったらと良いなと思います。
フローリングに比べ畳のひんやり感はそれほどでもなく、ヨガの運動もしやすいです。
実家に帰るとその部屋でヨガをするのが私の日課です。


ところで琉球畳というのはへりのない形状で形は正方形です。
目は通常のよりも幅が狭い印象があります。
新しい物は通常ですと緑色ですが、琉球畳は最初からすすけた感じの色をしていたと記憶しています。
実家のそれは新築のときでもベージュ系の色味でした。

最近の私は瞑想やエネルギーワークも日課にしているため畳の部屋でそういった日課をできたら良いなと思います。瞑想するときにちょい崩し座禅を組みますので。
年末年始に実家に帰ったときにでも実践してみます。