川越市の畳たたみの張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ畳(たたみ)

畳の張替え



一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
川越市全域にお伺い致します。

■畳表替え

/1帖

■表替え(おもてがえ)   ¥2,200/1枚  税込¥2,376
※畳たたみの、半帖サイズの場合はお値段7掛けに成ります。 ■畳(五八間)半帖 1,540円/税込1,663円 

畳表と畳縁を、新しいものに張替えます。
張り替えてから6年〜10年が目安です。4帖半からお受けします。

■新調(しんちょう)(新畳)


畳床(たたみどこ)が、かなり痛んでいたり、カビている場合は
新しく畳を作る必要があります。

■畳のサイズについて

当社では、このサイズが基準です。
     
     五八間(ごはちま)江戸間(えどま)関東間(かんとうま) 
        5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)
   1間を6尺で計算して、柱割りです。この結果、八畳間の場合、畳のサイズは
   ほぼ上記のサイズと成ります。

  ● 本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
        3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)
   1間が6尺3寸で割り出されています。近畿地方以西で使われていました。

   ● 三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
        3尺×6尺     (910mm×1820mm)
    1間が6尺で割り出されています。この畳2枚で約1坪の計算に成ります。
    主に愛知・岐阜県の中京地方や東北地方や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島
    で使用されていました。

   ●その他様々なサイズがあります。
※しかし規格化が進み、いわゆる五八間(江戸間)が標準サイズに成りつつあります。



                                                               (単位 mm)

 い草のお話

イグサ(藺草.)は、単子葉植物イグサ科の植物である。イグサ科植物の総称。
標準和名は(藺)。最も短い標準和名としても知られている。 俳句では夏の季語とされる。

畳表やゴザはイグサの茎で作られる。 
使われるのは栽培用の品種で コヒゲ (小髭: cv.Utilis)と呼ばれる。野生種より花序が小さいのが特徴である。水田で栽培される。
別名:トウシンソウ(燈芯草) ウィキペディアより               い草の花

埼玉県川越市の基本的な地域情報

埼玉県川越市は、埼玉県の南西部に位置しています。人口は約35万人と埼玉県内ではさいたま市、川口市に続く第3位の人口の数です。中核市と業務核都市、保健所政令市に指定されており、埼玉県でも重要な市であるとされています。
 川越市の歴史は江戸時代まで遡ります。川越藩の城下町として栄え、「小江戸」の別名をもっています。歴史的な建造物が非常に多く、国からも「歴史都市」として認められています。観光客も多く、年間で約620万人も訪れる観光都市としても注目されています。
 川越市の通行手段として、電車が便利です。現在は、JR・東武東上線川越駅は1日で約19万人が乗降し、近接する西武新宿線本川越駅を併せると26万人を超えると言われています。東武東上線の川越市駅も併せると、中心市街地ぶ駅が3つあります。
 川越市には、情緒あふれる建造物があり、その中でもシンボル的存在なのが「時の鐘」です。木造で3層のやぐらは高さ約16メートルもあります。午前6時・正午・午後3時・午後6時には1日4回鳴る鐘の音は、昔を感じさせてくれます  
 食にも力を注ぎ、川越市の中には多くの文人塁客が訪れたとされる旅館や料亭があります。順に追って提供される料理は川越市の自然の恵みの逸品を眺め、味わい、楽しむことができます。川越市で選び抜かれた四季の料理は素材を味わうことができる折り紙つきです。

side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
川越市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

畳の作法と扱い方について

和室での歩き方でよく言われるのが畳の縁を踏まない、ということです。その昔、畳の縁はその家の家柄を表していました。家の格式を表していたことから、畳の縁を踏む行為はその家の先祖をも侮辱する行為としてみられたのです。非常に無礼なことなので、子どもへの躾けも厳しく行われていました。あわせて、和室に出入りするときに敷居も踏んではいけません。障子や襖の開閉にも使われる大切な場所であるので、踏まないことが当たり前になりました。和室での作法は、むやみに踏みつけないことが肝要なのです。足の運び方にも作法があります。すり足と言って、足をあまり高く上げず、するように歩を進めます。畳表はい草を編んで作ってあります。植物が素材なので、強く踏みつけるのはよくありません。畳の掃除の仕方についても気をつけたいことがあります。い草の目に沿ってほこりを取るようにします。ほうきをかけるとき、掃除機を使うとき、ぞうきんで拭きとき、すべて畳の目と同じ方法に動かします。そうでないと、い草を痛める原因になりますし、い草の間にゴミが入り、清潔に使えなくなってしまいます。また、畳は部屋の湿気を吸収してくれることから、年に1度くらいは畳を上げて、乾燥させると長持ちします。