小平市の畳たたみの張替えを高品質、激安で真心を籠めてお届けします。

トップページ畳(たたみ)

畳の張替え



一部お伺い出来ない、地域がございます。施工可能地域をご覧下さい。
小平市全域にお伺い致します。

■畳表替え

/1帖

■表替え(おもてがえ)   ¥2,200/1枚  税込¥2,376
※畳たたみの、半帖サイズの場合はお値段7掛けに成ります。 ■畳(五八間)半帖 1,540円/税込1,663円 

畳表と畳縁を、新しいものに張替えます。
張り替えてから6年〜10年が目安です。4帖半からお受けします。

■新調(しんちょう)(新畳)


畳床(たたみどこ)が、かなり痛んでいたり、カビている場合は
新しく畳を作る必要があります。

■畳のサイズについて

当社では、このサイズが基準です。
     
     五八間(ごはちま)江戸間(えどま)関東間(かんとうま) 
        5尺8寸×2尺9寸  (1760mm×880mm)
   1間を6尺で計算して、柱割りです。この結果、八畳間の場合、畳のサイズは
   ほぼ上記のサイズと成ります。

  ● 本間間(ほんけんま)京間(きょうま)関西間(かんさいま)
        3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm)
   1間が6尺3寸で割り出されています。近畿地方以西で使われていました。

   ● 三六間(さぶろくま)中京間(ちゅうきょうま)
        3尺×6尺     (910mm×1820mm)
    1間が6尺で割り出されています。この畳2枚で約1坪の計算に成ります。
    主に愛知・岐阜県の中京地方や東北地方や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島
    で使用されていました。

   ●その他様々なサイズがあります。
※しかし規格化が進み、いわゆる五八間(江戸間)が標準サイズに成りつつあります。



                                                               (単位 mm)

 い草のお話

イグサ(藺草.)は、単子葉植物イグサ科の植物である。イグサ科植物の総称。
標準和名は(藺)。最も短い標準和名としても知られている。 俳句では夏の季語とされる。

畳表やゴザはイグサの茎で作られる。 
使われるのは栽培用の品種で コヒゲ (小髭: cv.Utilis)と呼ばれる。野生種より花序が小さいのが特徴である。水田で栽培される。
別名:トウシンソウ(燈芯草) ウィキペディアより               い草の花

東京都西部の小平市の歴史と現在について

小平市は東京都西部の多摩地区に位置する市です。交通は西武新宿線を始め、拝島線・国分寺線・多摩湖線が乗り入れる駅があります。また、小平市内中心部を新青梅街道が横断しており、23区から西方へ向かう際の通過地域となります。
戦前は、小平市内南部を通る玉川上水を利用した水路が発達しており、水運の中継地を担っていました。戦後は、日本全国からの上京者に対する住宅受け口として、都営住宅の建設が進み、今でも大型団地を形成している地域があります。
小平市の人口は19万人弱ですが市外への通勤通学者が多く、昼間人口は16万人を下回ります。都内の市でありながら、住環境が良いベッドタウン化が進んでいます。人口推移は戦後から一貫して流入が多く、35年間で5万人の人口増となっています。
小平市の名物として、ブルーベリーと丸いポストがあります。ブルーベリーは、小平市で栽培が始まったことから、ブルーベリーを原料にした製品が作られています。丸いポストは、小平市内に30ヶ所設置されており、都内最大数となっております。
小平市には、J1リーグ所属のFC東京の練習グラウンドがあります。FC東京のスポンサーである、東京ガスの私有地内のグラウンドで練習を行っており、下部組織も形成されています。過去には柏レイソル前身の日立製作所サッカー部があったため、サッカーに興味を持つ市民が多くいます。できます。興味がある方は、遊びに行かれると良いです。

side menu

お見積もり無料です

家具の移動も無料です

お問い合わせを頂いてからの流れ

@ お問い合わせを頂ますと、お近くの提携店よりご連絡を致します。
A ご説明の上、下見を兼ねた無料お見積もりにお伺いします。
※ここ迄、もちろん無料です。
B ご納得頂きましたら、お預かりし工場で施工致します。
C お約束の日にお届け設置致します。
D 全てを確認後、清算をお願い致します。
※アフターサービスも万全です。

施工可能地域

全国の施工可能エリアが分かります。
クリックして下さい
小平市全域にお伺い致します。

お気軽にお問い合わせ下さい

電話番号

畳襖障子

畳のお手入れについて説明します。
普段の掃除は、掃除機を使用しますが、畳の目に沿って傷が付かないようにゆっくりとかけていきます。雑巾で拭く場合は、よく絞って、やはり目に沿って拭いていきます。また、最近のお掃除ロボットはもちろん目に沿って掃除することはありませんので、あまりお勧めは出来ません。
畳が日焼けしてしまった場合は、お酢を使ってみるのも1つの方法です。バケツにお酢を5倍に薄めたお湯を使用します。雑巾をよく絞って拭き、その後乾拭きします。エアコン、扇風機で水気を早めに取ることも大事です。
汚れがついた場合は、塩をまいて歯ブラシで畳の目に沿って汚れを掻き出していきます。汚れが粉状になって出来ましたら、掃除機で吸い取ります。これを何回か繰り返します。その後よく絞った雑巾で洗剤を拭き取ってから、乾拭きをして水気を取っていきます。
畳にカビが生えてしまった場合は、中性洗剤を薄めてよく絞った雑巾で拭き取ります。その後、消毒用アルコールを布にしみこませて軽く拭き、乾かした後掃除機をかけます。
いずれにしても、雑巾などで拭いた後は、よく乾燥させることがポイントとなります。
汚れなどは、放置しているとなかなか取れない頑固な汚れとなってしまいますので、早目の処置が必要になります。